FXで金利生活 スワップポイント

スワップ狙いの通貨選択とおすすめ戦略

通貨おすすめ

私のFIREを目指す上で3本の柱の一つにスワップポイント狙いの外貨を長期保有する戦略があります。

最大のメリットは利回り選定がしやすく、多少は利回りのブーストを掛けれて

何よりどの位のスワップが貰えるかが目に見えやすい事です。

デメリットは国のルールに左右されるので、いきなり買っている通貨の国の金利が下がったり、もしくはマイナススワップになる事も考えれらます。

また、最大のリスクは金利を減らす事により、通貨の価値がズルズルと下がっていってしまう事です。

本日は通貨選択をする際に気を付けるべき事や、私自身も経験した金利が良い事だけに囚われて損をした経験談を記事にしたいと思います。

金利を貰って生活費の1部にする考え方も記事にしていますので良ければご覧下さい。

 

 

訳も分からず、チャートも国の特性も気にしずに一番最初に買ったのがトルコリラ南アフリカランドメキシコペソの高金利通貨3兄弟でした。

4年間で一番利益が出たのがメキシコペソでした。

一番損をしたのがトルコリラでしたね。

トルコリラは私が買った当初は23円程で過去最安値で買い時って当時のスワップ推進している方達がいらっしゃって金利も15%とありえない水準でした。

トルコリラの現在値は10円中盤と4年間で半額以下ですね。

どんなに高金利でも4年で2倍以上には増えないのでスワップ狙いの方はほぼ皆さんがマイナスになっている状態です。

私もしっかりとマイナスを出して反発をしないトルコリラに見切りを付けてマイナス50万円程で手放しました。

敗因としては国の大統領や銀行の政策、治安も何も分からずに金利が高いという一点で自分の大事なお金を安易に使ったのが失敗でした。

100円程の値を付けていたのが23円になっている現実を考えれば買うべきではないという判断は初心者でも出来たはずなのでいい勉強になりました。

 

逆にメキシコペソでは4年間で40万円以上の利益確定が出来ています。

やった事は、私はチャート分析が恐ろしく当たらないので用意したスワップ資金を4分割して、買った時よりもここまで下がったら4分の1の資金分を購入しようと考え実行しました。

メキシコペソ

最初の購入が5.713で買っていました。ここで25%分を買いました。

当時の思惑としては3っありました。

1、上がったらスワップと為替差益があるので最高のパターン

2、レンジでずっと買った近辺でウロウロしてくれるならスワップだけ貰えて及第点

3、下がっても安く通貨も買えるし、スワップも貰えるからいつかはプラスになるんじゃない?

4年前の時は5円が底になっていて最大が8,5円だったので0.5円も落ちたら買い増しでいいなと考えていました。

俗に言うナンピンですが当時は無知でしかも知識もなかったのでこの戦略で失敗しやすい通貨や破綻する資金効率もあるとも知らずにやっていました。

結果としては5円まで行かずに毎月買うだけの本当に少しの買い増しだけで月日が経っていきスワップも10万円を超えていました。

そこで来たのがコロナショックでした。

株価指数CFDは350万円程のマイナスで最低でしたがスワップ投資はメキシコペソも暴落したので大きく買い増せました。

これが功を奏して半年程で30万円程の利益となりました。

スワップも14万円程乗っていましたし、南アフリカランドも大きく儲かりました。

 

長期投資とは言っていますが、値上がり益がスワップの2年分を超える額になったら、半分は利益確定をしたりしています。

理由としては2年もあれば下がってくる可能性もありますし、高金利通貨はどうしても不安定の為に下げやすい側面があります。

安定している国なら金利が多少悪くともお金は流れてきますしね。

 

ちなみにトルコリラはコロナショックから立ち直るどころか遥かに下で推移しています。

 

結論に行きます。

スワップ投資はレンジ通貨を選択する事。

理由として長くスワップを得る為に基本的には長く保有するので上がったり下がったりするのが望ましいです。

金利が上がったり下がったりを繰り返す通貨は選ばない事

理由としては金利が上がる分には通貨価値も上がりやすいのでいいのですが無理は続かないのでいずれ下がるタイミングで上げた分以上に通貨価値が落ちやすいからです。

毎月1万円からの積立で千通貨でも買い増し

いつが安くていつが高いか分からないので毎月少額でも買い増しをして元金を少しづつ追加をしていきましょう。

お値打ち感があればピラミッド型に購入をして安い時はいつもより少し多く買ったりも戦略としては有効です。

出口戦略が最重要課題

いつかは売ってスワップも確定(スワップだけ利確出来ますが)して為替差益も得るのがお得なので、今買って、長い目で見れば上昇余地はあるな!と考えれる通貨を買う事。

例としては中国も実は金利が3%から4%程度で推移していてなかなかに金利も良く、通貨も上がっていっています。

 

ポッポ的おすすめ通貨

1、ルーブル ロシアは国土が大きく資源とエネルギーが豊富なので値崩れしにくいと考えています。 マイナス要因は地政学リスクでしょうか。

2、メキシコペソ・南アフリカランド

この2通貨は今もお世話になっていて、保有もしています。

どちらも金利が比較的安定して高金利ですし、レンジ相場で上がったり下がったりを繰り返しているので、為替差益でスワップの何年分も得る事も可能です。

3、中国人民元・オーストラリアドル・ニュージーランドドル

中国は成長著しく、グローバル企業もこぞって参入していっているので通貨価値の成長も期待出来る上に政策金利も高いです。 地政学リスクやアメリカとの不仲は問題点ですが、中国は一国でもやっていける力があるので期待出来そうです。

オセアニア通貨のオーストラリアとニュージーランドは日本人が留学先に選べる程に治安も良く、通貨価値も安定しています。

今年は大きくクロス円で大きく上昇をしていましたので、スワップ投資をしている方は相当な為替差益があったかと思います。

懸念点は金利が下げられる傾向(金融緩和)があるのでスワップが年々少なくなっていっています。

治安のいい国で金利も1%程はついて、為替の上昇期待もあるのでスワップ投資の銘柄の1っにいかがでしょうか。

 

私はスワップ投資はルーブルとメキシコペソと南アフリカランドのみですが

こんな通貨がいいよ!等あれば是非、教えて下さい♪

 

ご覧頂き、本当にありがとうございます。

スワップ投資は一気に買わずにちょっとづつリスクをかなり減らしてドルコスト平均法で行えば、なかなかに安定した収益を得る事が可能です。

不労所得はリタイアをしなくても心の支えになってくれます。

老後の不安と今の不安を取り除くお手伝いが出来れば幸いです。