トラリピについて

トラリピって何?自動売買で選ばれる理由とメリット3選

トラリピって聞いた事ありますか?

株式会社マネースクエアが提供するFX自動売買トラップ&リピートイフダンの事をトラリピと言います。

マネースクエアの会社概要

大きな会社で安心感もありますよね。オーストラリア/ニュージードルだけでも2500億円も運用を任せられているので、使用している人も相当数いそうです。

日本の登録業者なので信託保全も勿論されているので会社が破産しても顧客(私達)の資産はしっかり守られるんですね。

しかも銀行預金と違い上限もないので銀行に預けるよりも安心かもしれません。

 

ある程度の安心安全を知って頂いた所で自動売買トラリピの何が優秀でどうしてこんなに人気なのかを解説と私の運用実績を公開していきたいと思います。

 

とっても重要な内容です。

まずは先程、マネースクエアで一番注文の多いオーストラリア/ニュージーのチャートを見てみましょう。

1っのローソク足が形成するのに1ヶ月掛かるチャートなので非常に長い時間を掛けて作られたチャートです。凡そ5年分になっています。

右側に通貨の値段が載っていますので下限が1.00〜1.12が上限となっています。

円に換算すると12円と同程度のPIPS数となっています。

同じ場所を行ったり来たりする特性を活かしてトラップを仕掛けて、含み損に耐えつつ利益を得るのがトラリピのざっくりとした特徴です。

 

最もポピュラーな通貨の米ドル/円で画像解説をすると下記になります。

 

100円を通貨する度に購入をして101円で利益確定の指示をワンセットで複数回分を自動発注してくれます。

自分でも設定可能ですが、損が出た時にも機械的に新規注文を発注をしてくれて、利確もしっかり行います。

決められた値でキチンと発注は自動売買ならではですね。

右肩上がりのチャートや右肩下がりのチャートでは真似出来ないFXならではのお金儲け方法ですよね☆

 

FX自動売買で一番信用されていて投資家が一番利益を出せている理由

トラリピの自由設計に答えがあります。

実際にトラリピの新規発注画面を見てみましょう。

レンジが値幅になるのでトラップを仕掛けたい範囲を選択出来ます。

選択範囲はとんでもない自由度で小数点第3位までなので、願った通りのまんまにトラップ範囲は置けますね。

 

注文金額が千通貨からなので、資金に合わせて選ぶ事が可能です。資金にもよりますが私は1通貨に絞って資金を使うよりは複数に分散を心掛けています。

 

トラップ本数が一円のレンジに対して10本だと、0.1円毎に千通貨を発注となるので資金に対しての最適本数はトラリピリスク試算表を使用するのがおすすめです。

 

利益値幅も自由設計で利益を果てしなく伸ばしたり、こまめに利確をしたりも選べます。

決済トレールは上昇相場や下降相場が読める方にはおすすめのツールで、端的に言いますと

利益をどこまででも伸ばしてくれて仮に上がれば儲かる場合はある程度の下げまでずっと利確をしずに伸ばしてくれるので、1注文の利益の最大化に役立ちます。

私は安定思考なのでトレールは基本的には使用をしていません。

 

どうですか?

利益確定も決めれて、トラップ本数も自由で値幅も決めれるので資金効率もバッチリです。

自由度が高く、あなただけの自動売買を完成する事が出来るんですね。

 

相場観がある人の設定のリスクを減らした運用や利益を安定的に出している人の真似も簡単に作成可能です。

資金は人それぞれなので、運用通貨を増減したり、トラップ本数で調整も可能なので組み合わせはほぼ無限です。

 

私もトラリピで11月は8万円を増やす事に成功しています。

 

トラリピを選ぶメリットとデメリット3選

メリット

1、最大のメリットは自由に作成出来るので、リスクの取り方や分かりやすさ、何故儲かっているのか等も非常に分かりやすく資金も少ない状態からでもスタートが出来る。

2、FXはほぼ月曜日から金曜日の24時間動いているので、機械はずっと監視をしてくれて労がなくチャンスを逃さずに稼ぎ続けてくれます。

3、幅広くレンジを設定すれば分析も要らずで上げ下げに一喜一憂する事なく、私生活にはプラスの影響が多くなります。

 

自動売買はいくつもありますがこれだけ自由設計で勝つ理由も検討出来て、まして資産を増やしている人が多いですし、増やしている人の真似がとってもしやすいんですよね。

デメリット

1、自由すぎて若干複雑になるので、誰か指標になる設定公開をしている人を見つけないといけない。

2、スワップがプラスは少なくマイナスが大きいので自動売買で含み損を放置する考えだとマイナススワップがなかなかに大きな金額になる場合も。

3、通貨ペアが少ない事。

 

スワップは割とデメリットとしては大きいのですが、他の自動売買(日本金融庁が認可)は利確する値幅が勝手に決められていたりするのでトラリピはそこで挽回以上の結果に持っていけると思いますので、目をつぶっています!笑

スワップがプラスと同じにして下されば尚、最高のお金稼ぎマシーンになってくれるのに。

 

上記のデメリットよりもメリットの方がはるかに大きいと判断する方が多いので、選ばれ続けいますし、ポッポも資金を一番入れています。

FIREに必要な資産と毎月出ていく金額を考えるとトラリピはリスクリワードが合っているなと私は思います。

月の変動も大きいですが凡そ月利1パーセントは超えてきてくれています。

勿論、リスクを取りすぎな部分もあるので、各々の調整は必要です。私は早くリタイアする為に増えたお金も倍プッシュで運用をしています。

 

FIREを考える人にとって「トラリピ」はおすすめ出来るツールですので参考になれば幸いです。

 

ポッポブログを読んで頂き本当にありがとうございます。

トラリピについて今回は記事にしましたので、次回はトラリピを始めるにあたってのスタート金額や私の運用ペアや利益幅をご紹介したいと思います。

経済的自由を皆さんで勝ち取りましょう!