FXで金利生活 スワップポイント

トルコリラで家族で200万の損を抱えて学んだ2っの真実

トルコリラをスワップ狙いで長年塩漬けをしている方が沢山いらっしゃいます。

外為.comが提供しているトルコリラ/円の買いと売りの比率になります。

外為

まさに圧倒的買いのみで構成されていていかに含み損に耐えてスワップでプラ転を心待ちしている方が多いのかを表しています。

ポッポ自身はトルコリラで過去に大きく負けて「2度とこの通貨は触らない」と誓っていまして、まだブログを始めたばかりの頃から記事にてトルコリラは触らないようにお伝えをしていました。

 

今回は触ってもいないトルコリラについて記事に何故しようと思ったかと言うと

ポッポ嫁
ポッポ嫁
SBI証券のFX口座がロスカットされてた・・・

起きたら私は口座確認をする癖を付けているのですが、ポッポ嫁もしていて発見したそうです。他の口座でも含み損がえらいこっちゃ!!な数字に。

ちなみにポッポ嫁はロスカット経験が今回で2回目で1度目はループイフダンでオーストラリアが大暴落の際に70万円狩られています。

SBIは細かく購入するようでトルコリラのみ最後まで残っていたポジションが今回狩られたのでまだ軽傷でしたが、他の口座の含み損は150万円を超えています。

 

4年近く保有してスワップよりも為替差損のが遥かに大きい結果になりましたね。

他の口座も含み損が膨れ上がっていて損切りが出来ずにズルズルと入金を繰り返していっている状態ですが、スワップ狙いの為、損切りが決断出来ないみたいです。

私もロスカットせずに持ってれば、いつかはスワップでプラスに!なんて甘い考えをしているのが目に浮かびます。

損切りが出来ないから損大利小で私は自動売買へ逃げたので

結論的にはやはり〜トルコリラは触らぬ神に祟りなし〜という事なんでしょうね。

 

まさか、家族でトルコリラで大損をするとは。。。

 

 

この大暴落の背景の理由を調べたので、読んで頂いて

やはりトルコリラへの投資は厳しいな!と肌で感じて頂ければポッポ家族も損が出た甲斐があります!笑

 

1

とんでもない含み損ですね。

足元もグラグラな状態で本当に0円を目指して突き進んでいるので

通貨取り扱い廃止でロスカットが一番恐ろしい考えられる未来ですよね。

 

トルコリラの大暴落の要因は大きく3っ

1、エルドアン大統領がとにかく金融緩和(金利を下げる方向へ)をしたいが為に中央銀行へ口を挟むは果てには人事にも大統領権限で中央銀行総裁が3度も変わっています。

やはり、中央銀行へ政府が表立って口を出すと歴史的にも上手くいかない事がほとんどです。

中央銀行総裁も圧力に負けたのか捨て鉢なのか、緩和方向へ進めていき、しっかり通貨は暴落、インフレも加速度的に進んでいます。

トルコで働く方々もリラではなくビットコインへ変換する動きが続いているそうです。

 

2、最初に上げたトルコリラ/円のポジション比率

買い(ロング)ポジションが多いのでトルコリラをこれだけの金額の売り(ショート)を入れればロスカットがこの位出るのが計算出来てしまいます。

余りに偏りすぎた通貨はヘッジファンド等の大手資本会社からは狙い目となってしまうのです。

ロスカットをされると買いポジションを強制決済するので反対売買なので売り注文が出ます。売りがまた売りを呼んで大暴落が形成されるんですね。

 

3、地政学リスクとテクニカルの効かない月足チャート

大統領が10カ国程の大使を国外追放するぞ!と脅しを入れていて、欧米と緊張状態にあります。

反政府デモをした実業家が無罪にも関わらず別件逮捕をして7年間未だに拘留を続けている事に各国大使からの釈放要求に対しての反応によるリスクが足元にあります。

 

月足チャートもマックディーがデッドクロス入り間近でダウ理論も効かないひたすら下げ続けた10年間で信用は少なく、金利に目が眩んだ人がロスカットされていっているのが現状です。

 

以上を踏まえるとやはりトルコリラは触るべきではないんですね。

未だに15%と素晴らしい金利を誇っていますが、裏を返すとそれだけの金利を出さないと買って貰えないという事なので「君子危うきに近寄らず」ですね。

 

トルコリラじゃない高金利通貨を詳しく説明した記事がこちら

 

結論として

1、トルコリラは近づくな危険

トルコリラは触るべき通貨でもないですし、触るとしたらメキシコペソと同程度の金額まで落ちて下落リスクが少なくなってきて、大統領も変わって政策が正常化へ向かい初めて、しかも自分の心の中で金利が良くて宝くじとしての購入!と失っても動揺しない程度がベターですね。

2、月足で右肩下がりのチャートの通貨も危険

スワップ投資は基本的にロスカットをしない設定で行えば、高金利での利回りが期待出来て

利回りと安全性がそこそこに見合っていると私は考えていますが、長い歴史でずっと下がり続ける通貨は国のお金としては信頼が全く置けませんよね。

ですので、上がったり下がったりする通貨をしっかり選択をするのが理に叶っていて、スワップも狙いつつ為替差益もチャンスがあるのではと思います。

 

 

ポッポブログをご覧頂きまして、本当にありがとうございます。

記事が参考になった方や良いなと思って頂けましたら幸いです。

 

FIRE生活は諦めなければ絶対に叶う☆